Skip to main content Skip to navigation

Overview
Down Arrow Up Arrow

イムノアッセイとは?その用途とは?

イムノアッセイは、抗原-抗体化学構造とその相互作用を利用して、分析物(サイトカイン、ケモカイン、増殖因子、その他のタンパク質など)の検出と定量を行う解析法です。最も多く用いられているイムノアッセイは、ラジオイムノアッセイ(RIA)や酵素結合免疫測定法(ELISA)などです。ELISAは、その優れた感度・特異性・精度により、イムノアッセイのゴールドスタンダードとされてきました。このほか、酵素結合免疫スポット(ELISPOT)アッセイも、特定の抗体分泌細胞を解析するための強力なイムノアッセイです。より最近では、キャプチャービーズベースのイムノアッセイが、さまざまな分析物を測定できる高感度の手法として選択肢に加わりました。キャプチャービーズベースのイムノアッセイは、他のフォーマットよりも大きな規模でマルチプレックスを行うことができます。

BD Biosciencesは、サイトカインやケモカインを定量するためのさまざまなツールおよびアッセイのプラットフォームを取り揃えています

  • マルチプレックスな検出や解析のためのBD® CBAソリューション
  • ルーチンにELISAを用いる研究分野のためのBD OptEIA™キットおよびセット
  • サイトカイン産生頻度を特定するためのBD® ELISPOTアッセイ

Tools and Techniques for Cytokine Quantitation


Tool/Technology BD® Cytometric Bead Array (CBA) ELISA ELISPOT
Molecules detected Secreted or intracellular Secreted Secreted (in situ)
Multiparameter Yes No No
Single-cell / cell-subset information No No Frequencies, no subset information
Antigen-specific Yes Yes Yes
Post-assay viability Yes Yes No
Protein quantitation Yes Yes No
Instrumentation Flow cytometer Spectro-photometer ELISPOT reader

 

 

Bead-based immunoassays
Down Arrow Up Arrow

ビーズベースのイムノアッセイ

ビーズベースのイムノアッセイでは、プレートの代わりに蛍光バーコード付きビーズを用いて蛍光抗体に結合し、フローサイトメトリー法を用いて調べます。ビーズベースのイムノアッセイでは、通常のELISAフォーマットを用いた場合よりも数倍高く標的をマルチプレックスに検出することができ、時間とサンプルを節約することができます。  

BD®サイトメトリービーズアレイ(CBA)概論

 

CBAアッセイは、蛍光抗体を用いてさまざまな可溶性タンパク質や細胞内タンパク質(サイトカイン、ケモカイン、増殖因子、リン酸化シグナル伝達タンパク質など)を検出するビーズベースのイムノアッセイです。

 

アレイ内の1個1個のキャプチャービーズが固有の蛍光強度を持ち、単一の分析物に特異的な1個のキャプチャー抗体でコーティングされています。さまざまな組合せのビーズを、サンプル/標準物質と、レポーター分子(PE)に結合した複数の検出抗体の混合物と組み合わせます。インキュベーション後に洗浄し、フローサイトメーターにかけてサンプルを取得します。

 

あらゆる目的タンパク質や目的の抗体を追加できるBD® CBAソリューションが柔軟性を高めます

 

BD® CBA機能ビーズは、独自の要件を満たすため、目的の抗体やタンパク質を結合させるのに使用することができます。結合手順にはスルホ-SMCC化学構造を利用します。所要時間は4時間未満で、使用するのは、一般的なラボ用品と、BD® CBA機能ビーズ結合緩衝液キットに入っている緩衝液です。これは、既存のELISAを、当社のBD® CBAフレックスセットアッセイ製品ラインと組み合わせることのできるビーズベースのイムノアッセイに変換するための理想的なプラットフォームです。複数のビーズ配置が可能であるため、新規のマルチプレックスパネルを作製することができ、1回の反応で最大1,000回分の試験を行えるため、試験間の一貫性を確保することができます。

 

各種のBD® CBAソリューションを、設定済みキットにて、あるいは特殊なニーズに対応するオープンで設定可能なフォーマットにてご用意しています。

 

BD® CBAソリューションの詳細をご覧ください

 

BD® CBAソリューションを用いて生成したサンプルデータ

 

BD® CBAキット

NIBSC変換係数の要約については、comparison of BD® CBA Standards to NIBSC/WHO International Standardsをご参照ください。

 

 

apps1

Representative standard curves (IL-12p70 and TNF).

apps1

Representative standard curves (IL-10 and IL-6).

apps1

Representative standard curves (IL-1β and IL-8).

Refer to the comparison of BD® CBA Standards to NIBSC/WHO International Standards  to find the NIBSC conversion factor summary.

ELISA immunoassay
Down Arrow Up Arrow

ELISAイムノアッセイ

ELISAイムノアッセイまたは酵素イムノアッセイ(EIA)は、特異的な抗原-抗体結合と酵素反応を利用して、各種の免疫細胞が産生するタンパク質・ペプチド・シグナル伝達分子の検出と測定を行います。この手法では、特殊なELISAマイクロプレートを用いて、標的の抗原または抗体、あるいはその両方を固定化します。その後に高親和性抗体と共にインキュベーションすると、検出可能なシグナルが発生します。このシグナルを、比色法か、酵素を用いた方法で測定します。

使用する検出法により、使用可能なELISAフォーマットがいくつか存在します。最も一般的なものは、サンドイッチイムノアッセイフォーマットで、ELISAマイクロプレートに付着させたキャプチャー抗体を目的の抗原に結合させます。次に、2つ目の一次抗体をその抗原に結合させます。  こうして、抗原がキャプチャー抗体と一次抗体でサンドイッチされます。その後、一次抗体に特異的なビオチン化二次抗体を用いて、シグナルを増幅し検出します。

 

BD Biosciencesは、血清・血漿・組織培養上清中の可溶性タンパク質を簡便に定量できるサンドイッチELISAのキットやセットを取り揃えています。

 

View the BD ELISA reagent offerings.

 

ELISA プロトコル

 
performance1
ELISPOT immunoassay
Down Arrow Up Arrow

ELISPOTイムノアッセイ

ELISPOTアッセイは、抗原特異的T細胞を解析したり、T細胞機能をモニタリングしたりするのに多く用いられます。特定のタンパク質を分泌する個々の細胞をin vitroで検出・解析するための強力なツールです。当初は特定の抗体分泌細胞を解析するために開発されましたが、その他のさまざまなエフェクター分子(サイトカインなど)を産生・分泌する細胞の頻度の測定に用いられてきました。ELISPOTは高度な定量アッセイです。

ELISPOTも、サンドイッチELISAと同様に、マイクロプレートウェルを用いてキャプチャー抗体を結合させます。マイクロプレートを用いて培養細胞を増殖し、増殖した細胞を刺激してサイトカインを分泌させます。分泌されたサイトカインタンパク質を表面の抗体で捕獲します。その後、シグナルを増幅し、適切な二次抗を用いて検出します。

 

BD BiosciencesはいくつかのELISPOTアッセイフォーマットを取り揃えています。BD® ELISPOTアッセイはサイトカイン放出をシングルセルレベルで検出することができるため、サイトカイン産生細胞の頻度を特定することが可能です。BD® ELISPOTアッセイはELISAや細胞内染色よりも高感度であることが確認されています。

 

 
performance1

For Research Use Only. Not for use in diagnostic or therapeutic procedures.