BD FACSCelesta™

試薬との完全な調和を目指して設計されたセルアナライザー

BD FACSCelesta™ フローサイトメーターは、フローサイトメーターによるマルチカラー解析をより身近なものとし、機器および試薬の新たなテクノロジーによるベネフィットを研究者の方々に感じて頂けるよう設計されています。光学系や蛍光色素の進化に対応したマルチレーザーやマルチ検出器を搭載することにより高度な細胞解析が可能になります。

Optics Fluidics Applications Analysis

コンパクトな設置面積でBD Horizon Brilliant™ 色素用の最適化を実現

BD マルチレーザーフローサイトメーターは、感度および性能の高さで知られています。BD FACSCelesta™ フローサイトメーターは BD Horizon Brilliant™ 色素を最大限に活用するために、光学システムおよびエレクトロニクスシステム(レーザー、フィルター、検出器、光学パス、およびシグナル処理テクノロジー)を巧みに設計に取り入れています。

多くのパラメーターがもたらす多くのインパクト

BD FACSCelesta™ フローサイトメーターは、 4つの機器モデルから選択できます。。全構成に Blue(488 nm)およびViolet( 405 nm)レーザーを搭載し、アプリケーションのニーズに応じて、Red(640 nm)、UV(355 nm)あるいは Yellow Green(561 nm)レーザーと組み合わせることができます。単一のサンプルから最大 14 パラメーターを検出し解析することができるため、研究を加速します。

レーザーの組合せにより、新たなテクノロジーと従来のテクノロジーとが融合し、コンパクトな設置面積内で光学的安定性と信頼できる性能を得ることができます。コンパクトなポリゴンに収納されたダイクロイックミラーとバンドパスフィルターのシステムは、各レーザーに由来する蛍光を分離し、対応する検出器に正確に誘導します。検出器 (光電子増倍管または PMT)自体はフィルターアセンブリー後部にコンパクトに装着されています。

信頼性の高い流路系、ハイスループット機能

BD FACSCelesta™ フローサイトメーターの流路系システムは、サンプルライン、液体タンク、サンプルを移送するポンプ、シース液、および機器の廃液からなり、信頼性が高く使い勝手が良く設計されています。新設計のデジタル制御パネルにより、フローサイトメーターの稼働状態をモニタリングし、調整することが容易になります。システムの稼働モードはシンプルな画面に表示されます。

BD FACSFlow Supply システムオプション

BD FACSFlow Supply システム(FFSS)オプションの流路系カートを使うと、安定した流路圧を維持しながら、キャパシティと使いやすさを向上させることができます。シース液はタンクに移しかえる必要がなく、そのままセットアップできます。流路系センサーは一定圧を維持し、流路系モニタリングシステムはシース液の水位が低いか空の場合または廃液タンクがいっぱいの場合に警告を発します。

ハイスループットオプション

BD FACSCelesta™ フローサイトメーターにはハイスループットやワークフローが必要な複数検体のアプリケーション用に、BD™ ハイスループットサンプラー(HTS)オプションが用意されており、マイクロタイタープレートからの迅速で、完全に自動化されたサンプル測定を行えます。HTS オプションは広範囲の研究用途に対応し、96 ウェルのU、V、および平底プレートと384 ウェルのマイクロタイタープレートに対応しています。HTSはハイスループットモードで、96 ウェルプレートを 15 分未満、キャリーオーバー 1%未満で測定することができます。スタンダードスループットモードは、サンプルボリュームが大きい場合や、長い測定時間を要する場合に選択することができます。

免疫学のアプリケーション

今まで見えなかったものを可視化

BD FACSCelesta™ フローサイトメーターは、リンパ系組織(胸腺、脾臓、およびリンパ節)、消化された固形組織、血液などの多種類の細胞を迅速かつ正確に解析することができます。

特定の細胞表面および細胞内エピトープを識別するための直接標識蛍光抗体パネルを用いて、マルチカラーフローサイトメトリー解析を行うことで、研究者は個別細胞の発生や分化といった様々なフェーズにおいて特定の標的タンパク質発現レベルを調べることができます。マルチパラメーターで単一細胞を取り扱うことができるマルチカラーフローサイトメトリーは、さらにタンパク質、遺伝子発現、細胞シグナリングの免疫学的研究に最適です。細胞同定、転写因子発現、サイトカインの分泌と定量のための BD ソリューションは、先端研究に必要とされる品質の高さと一貫性を保証します。

希少細胞や低密度抗原を識別可能

希少細胞、または解析対象の細胞表面レセプターをほとんど発現していない細胞は、従来の試薬では検出できない場合があります。サンプル内の他の細胞からこうした低輝度の細胞を分離するためには高輝度の試薬が不可欠です。

BD Horizon Brilliant™ ポリマー複合体はこれまで低輝度だった細胞に対して、従来の有機化合物の蛍光色素や PE、APC などのフィコビリタンパク質よりもはるかに高輝度の蛍光シグナルを与えることができます。BD FACSCelesta™ フローサイトメーターはこれら高輝度の色素が使用できるように最適化されており、従来よりも広範な受容体密度の細胞集団を同定することができます。

細胞生物学のアプリケーション

細胞解析の新たな展望

フローサイトメトリーは、分子相互作用からシステム生物学、薬物動態学から癌生物学、細胞シグナリングから海洋生物学、生物物理学に至るまで広範囲の分野の細胞生物学の研究者に豊富なデータを提供することができます。フローサイトメトリーの使用は、プロテオミクスにおける強い関心、創薬研究におけるバイオマーカー使用の増加、ハイスループットで細胞ベースの薬剤スクリーニング研究の普及によって大きく開花しました。

散乱光の検出および解析により、研究者は懸濁液内の細胞の形状、サイズ、内部の複雑性などの物理的特性を測定することができます。蛍光マーカーの追加により、研究者は発現、分泌されたタンパク質を解析することで、細胞の表現型、機能、および状態を明らかにすることが可能です。フローサイトメトリーはさまざまな細胞機能アッセイを用いることで、全血、細胞株、酵母などの様々なサンプルタイプを解析することができます。BD FACSCelesta™ フローサイトメーターでは、最大3レーザー 14パラメーターで、サンプルをマルチカラー解析することができます。

複雑な集団細胞を単一細胞レベルで解析可能

フローサイトメトリーの主な強みのひとつは複雑な集団を解析できることです。ウェスタンブロット法、免疫沈降法、PCR 法といった技術はサンプル全体を溶解する必要があります。これらの結果は、その集団全体としては有用なデータとなりますが、挙動が異なる細胞サブセット同士を比較するのは難しい場合があります。顕微鏡観察法などの個別細胞を解析する他の技術では、定量解析用にスケールアップすることが困難です。フローサイトメトリーは大量の個別細胞を特徴づけることができ、異種細胞集団内の異なる細胞サブセットを識別、定量し、その特徴を明らかにします。

機器設定から解析までのワークフローの効率化

BD FACSCelesta™ フローサイトメーターは、フローサイトメーターとアプリケーション設定、データ取込み、およびデータ解析のために、便利で使い易いツール群をパッケージングしたBD FACSDiva™ ソフトウェアで作動します。BD FACSDiva™ はフローサイトメトリーのワークフロー効率化を促進し、多忙な研究室においてフレキシビリティを高め、効率を改善します。

このソフトウェアパッケージはデータ測定用ファイルの作成および管理を単純化し、単一ソフトウェアプラットフォームを利用することで研究室における幅広い解析機能を提供します。効率的なデータ管理ツールにより、データ保存が単純化され、データ構成が改善されます。また、下流工程での解析やプレゼンテーション用に柔軟にデータをエクスポートすることが可能です。

直観的なワークフローにより研究に集中できる

BD FACSDiva™ ソフトウェアは世界中で多数のプラットフォームに導入されているため、既に多くのユーザーに使用されており、トレーニングの必要性も削減できます。データ測定の一貫性および正確性の維持に必要なのは、BD FACSDiva™ ソフトウェアおよび BD FACSDiva™ CS & T (Cytometer Setup& Tracking) research beads を使用した日々の機器設定および QC 実行のみです。BD FACSDiva™ は CS & T ソフトウェアモジュールにより、PMT 電圧、Laser delay、および Area Scaling factor に対する主なサイトメーター設定値を自動算出し調節することができ、それにより、長時間にわたって各機器の最適な性能を保持します。この自動化により、スタートアップの時間を短縮します。

Reagents Instruments
Immunology Cell Biology

Overview

The BD FACSCelesta™ flow cytometer can rapidly and accurately analyze many kinds of cells, including lymphoid tissue (thymus, spleen and lymph nodes), digested solid tissues and blood.

Using panels of directly conjugated fluorescent antibodies to recognize specific cell surface and intracellular epitopes, multicolor flow cytometric analysis allows researchers to interrogate specific target protein levels expressed by individual cells in various phases of development and differentiation. The multiparametric, single-cell focus of multicolor flow cytometry is perfectly suited to further immunological discovery of protein and gene expression and cell signaling. BD's solutions for cell identification, transcription factor expression, and cytokine secretion and measurement reflect a commitment to high quality and consistency, which are needed for advanced research.

Illuminate Rare Cells and Low-Density Antigens

Rare cells, or cells that have few surface receptors of a marker of interest, can be difficult to detect using conventional reagents. Bright reagents are essential in resolving these dim cells from others in a sample.

BD Horizon Brilliant™ polymer conjugates can endow previously dim cells with much brighter fluorescence signals than traditional organic fluorescent dyes or even phycobiliproteins such as PE or APC. Optimization for these bright dyes enables the BD FACSCelesta to identify cell populations with a broader range of receptor density than was previously possible.

2-Laser BV Configuration

Ten-color T-cell analysis on the BD FACSCelesta BV configuration

3-Laser BVR Configuration

BD FACSCelesta™ フローサイトメーター Blue-Violet-Red モデルでの 6 カラーTreg 解析

Ten-color T-cell analysis on the BD FACSCelesta BVR configuration

Three-color minimal spectral overlap human Treg panel on the BD FACSCelesta BVR configuration

Resolution of T-cell markers on the BD FACSCelesta BVR configuration

Deep immunophenotyping of mouse dendritic cell subsets

3-Laser BVYG Configuration

Eight-color NK and Treg analysis on the BD FACSCelesta BVYG configuration

3-Laser BVUV Configuration

Six-color Treg analysis on the BD FACSCelesta BVUV configuration

Twelve-color T-cell analysis on the BD FACSCelesta BVUV configuration

Four-color minimal spectral overlap human Treg panel on the BD FACSCelesta BVUV configuration

Resolution of B-cell markers on the BD FACSCelesta BVUV configuration

Intracellullar cytokine response in TLR ligand-activated human dendritic cell subsets

Cell Analysis in a New Light

Flow cytometry can provide rich data to cell biologists working in a wide range of fields, from molecular interactions to systems biology, from pharmacokinetics to cancer biology, from cell signaling to marine biology to biophysics. Use of flow cytometry has blossomed with intensified interest in proteomics, increased use of biomarkers in drug development research and the spread of high-throughput, cell-based drug screening research.

Detecting and analyzing light scatter allows researchers to measure physical characteristics of cells in suspension, such as cell shape, size and internal complexity. Adding fluorescent markers allows researchers to interrogate expressed or secreted proteins that reveal cell phenotype, function and status. Using a broad landscape of cell function assays, flow cytometry can shed light on a variety of sample types, such as whole blood, cell lines and yeast. With three lasers and up to 14 optical channels, the BD FACSCelesta™ flow cytometer can multiplex many of these assays at once on the same sample.

Study Complex Populations at the Single-cell Level

A major strength of flow cytometry is its ability to study complex populations. Western blots, immunoprecipitation and PCR-based techniques rely on lysing the entire sample. Their results provide useful data for the population as a whole, but it can be difficult to compare subsets of cells that might behave differently. Other techniques that examine individual cells, such as microscopy, are hard to scale up for quantitative analysis. Flow cytometry can characterize large numbers of individual cells, allowing it to identify, quantify and characterize different subsets of cells in a heterogeneous population.

3-Laser BVR Configuration

Two-color flow cytometric analysis of apoptosis and viability in Jurkat cells

Minimal spectral overlap panel for cell cycle analysis on the BD FACSCelesta

Multiplexed cell cycle and immunophenotyping analysis on the BD FACSCelesta

3-Laser BVYG Configuration

Expression of fluorescent proteins in transfected human embryonic kidney cells


For Research Use Only. Not for use in diagnostic or therapeutic procedures.
Class 1 Laser Product.
APC-Cy7: US patent 5,714,386
CF™ is a trademark of Biotium, Inc.
Living Colors® (including mCherry dye) is a registered trademark of Clontech.
Cy™ is a trademark of GE Healthcare. Cy™ dyes are subject to proprietary rights of GE Healthcare and Carnegie Mellon University, and are made and sold under license from GE Healthcare only for research and in vitro diagnostic use. Any other use requires a commercial sublicense from GE Healthcare, 800 Centennial Avenue, Piscataway, NJ 08855-1327, USA.
Cubitainer is a registered trademark of Hedwin Corporation.
SPHERO™ is a trademark of Spherotech, Inc.