Multicolor Flow Cytometry

フローサイトメトリーでの多項目同時解析が可能になることで、 一度の解析でより多くの情報量を得て、目的の細胞集団の特徴を捉えることができます。

BDのフローサイトメーターと抗体試薬の広範なポートフォリオは、マルチカラー解析のための、細胞表面や細胞内、分泌物質などの様々なマーカーを測定できる製品をカバーしています。

特に、抗体試薬は、高付加価値ポリマー技術を応用した高輝度色素BD Horizon Brilliant™シリーズのラインアップが加わったことで、レアポピュレーションの解析や、弱陽性のポピュレーションの解析が簡単且つ、高い精度で得ることが可能になりました。

さらに、製品ラインアップと様々な情報やツールを合わせて、製品選択から解析までの実践的なトレーニングを提供しています。

BD HORIZON BRILLIANT シリーズはこちら

Video Library Explore

Video Library

Watch our BD Horizon webinars and download the presentations from our experts as they reveal essential tips and considerations when performing multicolor flow cytometry. Choose from the nine subjects below:

New Releases

Design Icon Thumbnail

Design

Quality flow cytometry data starts with proper panel design. Fluorochrome choices, instrument configurations/setup and knowledge of the biology being studied are important factors when considering panel choices.

In this module, we will provide you with a foundation to easily build the best possible panels to answer your experimental questions.

Analyze Icon Thumbnail

Analyze

A good panel is defined by its ability to resolve populations of interest. Matching bright fluorochromes to dim markers, and the ability to spread markers across multiple lasers, can minimize spectral overlap and maximize population resolution.

In the Analyze section, multiple data sets demonstrating how to maximize resolution of cell populations will be shared. Also included is an interactive session to review panels that you helped design.


Sort Icon Thumbnail

Sort

The ability to sort highly pure cell populations is fundamental to downstream biological analysis. An optimized panel is a key component of sort purity.

The Sort module reviews important considerations when you move from cell analysis to cell sorting. Information on how optimized panels improve sort outcomes will be discussed.


All Horizon Videos


Reveal

The journey to “see what nature is hiding” using flow cytometry begins by understanding the biology of your cells and the relative brightness of fluorochromes. To maximize resolution, bright fluorochromes are used to resolve dim antigens. Enabling brighter fluorescence signals, BD Horizon Brilliant™ polymer dyes are perhaps the most significant advancement in reagent technology in a decade.

Elevate

By understanding antigen density—the number of cell surface receptors on a cell—researchers can understand which antibody/fluorochrome combinations are candidates for panels.

Resolve

Delivering information from multiple parameters simultaneously, a single flow cytometry experiment can speed the path to discovery. Traditionally, this is accomplished using many fluorochromes on a few lasers and subsequently addressing spectral overlap using compensation. The more colors used, the more overlap and the more complex the experiment.

Achieve

Biology is seldom simple, but by leveraging new tools and methods, you can speed your journey to see nature more clearly. Our single goal at BD Biosciences is to equip you with the ability to be more efficient and effective in your research by making flow cytometry more powerful and easier to use.

Sentinel

Discover a new way of looking at fluorochromes and markers that can maximize the number of parameters achievable on any instrument.

Explore the Latest in Flow Cytometry Technology

To truly maximize the potential of your flow cytometry research, trusted technologies can help you achieve success in experimental outcomes. Instruments with configurations that minimize compensation, combined with a wide selection of high-performing reagents, are key components to success. Explore our products below:


Ultraviolet Laser Violet Laser Blue Laser Green/Yellow-Green Laser Red Laser

Fluorochromes

BD Horizon™ BUV395

BD Horizon Brilliant™ Ultraviolet 395 (BUV395) (Ex-Max 348 nm/Em-Max 395 nm) は、UVレーザーで励起できる色素でBD バイオサイエンスが独自に開発いたしました。他の検出器への漏れ込みが極めて少ないためマルチカラー解析に最適です。

フィルター: 379/28
明るさ: Moderate (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
解析例:

溶血した全血のCD4・CD56 BUV395及びFITCの比較解析

BD Horizon™ BUV496

BD Horizon Brilliant™ Ultraviolet 496 (BUV496) (Ex Max 348 nm/Em Max 496 nm) は、UVレーザーで励起できる色素です。BUV395のタンデム色素で、最大蛍光波長が496nmのアクセプタ色素を用いています。アクセプタ色素は、UVレーザー以外のレーザで励起されるため、V500、BV510検出チャンネルへ漏れ込みます(525/40-nm フィルター)。

フィルター: 515/30
明るさ: Moderate (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

溶血したヒト全血のCD4 CD19 BUV496及びFITCの比較解析

BD Horizon™ BUV563

BD Horizon™ BUV563は、UVレーザーで励起できる色素です。BUV395のタンデム色素で、最大蛍光波長が563nmのアクセプタ色素を用いています。 アクセプタ色素は、UVレーザー以外のレーザで励起されるため、PE (例:575/26-nm フィルター)、PE-CF594 (例:610/20-nm フィルター)検出チャンネルへ漏れ込みます。

フィルター: 585/15
明るさ:Bright (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
解析例:

ヒト末梢血リンパ球のCD19解析

マウス脾臓細胞におけるCD4の2カラー解析

BD Horizon™ BUV661

BD Horizon Brilliant™ Ultraviolet 661 (BUV661) (Ex Max 348 nm/Em Max 661 nm)は、UVレーザーで励起できます。BUV395のタンデム色素で、最大蛍光波長が661nmのアクセプタ色素を用いています。

フィルター: 670/25, 630nm
明るさ: Bright (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
解析例:

溶血したヒト全血のCD3及びCD11c BUV661 解析

Ms CD3e Alexa Fluor® 488及びMs CD19 BUV661染色したマウス脾臓細胞解析

Ms CD11b BUV661染色 マウス骨髄細胞解析

BD Horizon™ BUV737

BD Horizon Brilliant™ Ultraviolet 737 (BUV737) (Ex-Max 348 nm/Em-Max 737 nm)は、UVレーザーで励起できる色素です。BD Horizon BUV395のタンデム色素で、最大蛍光波長が737nmのアクセプタ色素を用いています。アクセプタ色素は、UVレーザー以外のレーザーで励起されるため、Alexa Fluor® 700のような色素(例;712/20-nmフィルター)と同時に使用できません。

フィルター: 740/35
明るさ: Bright (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
解析例:

溶血した全血のCD19・CD127 BUV737及びFITCの比較解析

BD Horizon™ BUV805

BD Horizon Brilliant™ Ultraviolet 805 (BUV805) (Ex Max 348 nm/Em Max 805 nm) は、UVレーザーで励起できる色素です。BUV395のタンデム色素で、最大蛍光波長が805nmのアクセプタ色素を用いています。

フィルター: 820/60
明るさ: Dim (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

溶血したヒト全血のCD4及びCD20 BUV805 解析

Fluorochromes

BD Horizon™ BV421

BD Horizon™ Brilliant Violet™ 421 (BV421)(Ex-Max 407 nm/Em-Max 421 nm)はポリマーベースの高輝度色素です。Pacific Blue™の10倍、PEより明るく、他のチャンネルへの漏れ込みが少ない色素です。同じチャンネルの、Pacific Blue™やBD Horizon™ V450とは同時に使用できません。

フィルター: 450/40
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
サンプルデータ:

制御性T細胞パネルの比較

T 細胞サブセット解析: CD8 メモリー及びエフェクターT細胞

T 細胞サブセット解析: CD4 メモリー及びエフェクター T 細胞

T 細胞解析: 制御性T細胞

TNK 7色解析パネルの例

BV421を用いた細胞内染色例

EBV421を用いた様々な染色例

ヒト T細胞サブセット解析

様々な制御性T細胞サブセット

メモリー/エフェクター CD4+ 及び CD8+ T 細胞

BD Horizon™ BV510

BD Horizon Brilliant™ Violet 510 (BV510) (Ex-Max 405 nm/Em-Max 510 nm) is a polymer-based dye. BD Horizon BV510 can be excited by the violet laser and detected in the BD Horizon V500 (525/50-nm) filter set. Due to similar excitation and emission properties, BD Horizon BV510 and BD Horizon V500 cannot be used simultaneously.

Filter: 525/50
Relative brightness: Moderate (on a scale from Dim, Moderate, Bright, and Brightest)
Sample data:

CD4 BD Horizon V500 comparison to Pacific Orange™

Analysis of human lymphocytes: T-cell subsets

Analysis of human lymphocytes: Non–T-cell subsets

BD Horizon™ BV510

BD Horizon™ BV510 (Ex-Max 405 nm/Em-Max 510 nm)はポリマーベース色素でV500やFITCよりも明るい色素です。
同じチャンネルのAmCyan やPacific Orange™、V500とは同時に使用できません

フィルター: 525/50
明るさ: Moderate (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
SampleData:

CD11c BV510 及びCD19 BV510の例

BD Horizon BV510 とFITCのStain index 比較例

BD Horizon™ BV605

BD Horizon™ BV605 (Ex-Max 407 nm/Em-Max 602 nm)はBD Horizon BV421とアクセプター色素のタンデム色素です。このコンジュゲートはPEコンジュゲートと同等の明るさを持つ高輝度色素です。アクセプター色素はグリーン(532 nm)及びイエローグリーン(561 nm)レーザーで励起されるため、グリーン(532 nm)及びイエローグリーン(561 nm)レーザー使用時にはBV605はBV605のシグナルがPE やBD Horizon™ PE-CF594 検出器へ漏れ込みます。

フィルター: 610/20
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
サンプルデータ:

図2.BV605を用いた解析例

ヒト造血幹細胞パネルの例

BV605を用いた染色例

BD Horizon™ BV650

BD Horizon Brilliant™ Violet 650 (BV650) (Ex-max 407 nm/Em-max 650 nm) は、BV421のタンデム色素で、最大蛍光波長650nmのアクセプタ色素をもつ高輝度色素です。 アクセプタ色素の、蛍光特性によりAPCやAlexa Fluor® 700 検出器へ漏れ込むため同時に使用することはできません。BD Horizon™ BV711の検出器へ若干漏れ込みますが蛍光補正することで測定可能です。

フィルター: 660/20
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

 

BD Horizon™ BV711

BD Horizon™ Brilliant Violet™ 711 (BV711) (Ex-Max 407 nm/Em-Max 711 nm) は、BV421のタンデム色素で711nmの蛍光波長で光る高輝度色素です。
Alexa Fluor® 700 やPerCP-Cy5.5検出器へ若干漏れ込みますが、蛍光補正することで、測定可能です。

フィルター: 710/50
明るさ: Bright (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
サンプルデータ:

CD335 (NKp46) BV711 及び CD19 BV711を用いた染色例

様々な メモリー/エフェクター CD4+ 及び CD8+ T 細胞サブセット解析例

BD Horizon Brilliant Violet 蛍光標識を用いた 様々なCD8+ T 細胞サブセットの検出

BD Horizon Brilliant Violet 蛍光標識を用いた 様々なメモリー/エフェクターCD4+ T 細胞サブセットの検出

BD Horizon™ BV786

BD Horizon Brilliant™ Violet 786 (BV786) (Ex-max 407 nm/Em-max 786 nm)は、BV421のタンデム色素で、最大蛍光波長786nmのアクセプタ色素をもつ高輝度色素です。BD Horizon™ BV786はバイオレットレーザーで使用できる6番目の高輝度色素です。

フィルター: 780/60
明るさ: Bright (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

Fluorochromes

BD Horizon™ BB515

BD Horizon Brilliant™ Blue 515 (BB515) (Ex-Max 490 nm/Em-Max 515 nm)はBD バイオサイエンスが独自に開発したFITCに代わる高輝度色素です。FITCよりも最大7倍明るいく、PEへの漏れ込みもFITCより少ないことを確認しています。蛍光特性により BB515, FITC, Alexa Fluor® 488は、同時に使用できません。

フィルター: 530/30
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
解析例:

溶血した全血のヒトCD3・CD19 FITC (赤), BB515 (青), Alexa Fluor® 488 (緑)解析

溶血した全血のヒトCD4 APC, CD127 PE, CD3 PerCP-Cy™5.5, CD25 FITC またはCD25 BB515解析

BD Horizon™ BB700

BD Horizon Brilliant™ Blue 700 (BB700) (Ex-Max 488 nm/Em-Max 693 nm) is a dye that was exclusively developed by BD Biosciences as a brighter alternative to PerCP-Cy5.5, making it better suited for resolving dim populations. This dye also has less cross laser excitation off the 405 nm laser, resulting in less spillover into the violet channels compared to PerCP-Cy5.5. Due to similar excitation and emission properties, BD Horizon BB700 and PerCP-Cy5.5 cannot be used simultaneously.

Filter: 695/40
Relative brightness: Brightest (on a scale from Dim, Moderate, Bright, and Brightest)
Sample data:

BD Horizon Brilliant™ Blue 700 Human CD4 Comparison

FITC

FITC (Ex-Max 494 nm/Em-Max 520 nm) (フルオレセインイソチオシアネート;fluorescein isothiocyanate)は分子量 389 Daの蛍光色素です。FITCは、 中性付近では蛍光強度にpH依存性を示します。 励起及び蛍光特性が近似しており漏れ込み特性が異なるため、FITC とAlexa Fluor® 488は同時に使用できません。FITC は、相対的に蛍光強度が低いため、 高発現マーカーでの使用が適しています。

フィルター: 530/30
明るさ: Moderate (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

Alexa Fluor® 488

Alexa Fluor® 488 (Ex-Max 495 nm/Em-Max 519 nm) は光安定性が高く 幅広い pH 領域で蛍光を発することができます. 最大励起波長と最大蛍光波長がFITCとほぼ同じですが、Alexa Fluor® 488はFITCより相対的に明るく細胞内のアプリケーションに適しています。 励起及び蛍光特性が近似しており漏れ込み特性が異なるため、FITC とAlexa Fluor® 488は同時に使用できません。 Alexa Fluor® 488 は光安定性が高いことから蛍光顕微鏡での使用にも適しています。

フィルター: 530/30
明るさ: Moderate (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

PE

PE (Ex-Max 496 nm/Em-Max 578 nm)(R-phycoerythrin)は、 補助光合成色素の一種で紅藻類で発見されました。In vitroで 240-kDa のタンパクで量子収量が高いことが特徴です。PEは高輝度色素のためフローサイトメトリーに適していますが、蛍光退色の特性から蛍光顕微鏡には適していません。

フィルター: 575/26
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

BD Horizon™ PE-CF594

BD Horizon™ PE-CF594 (Ex-Max 496 nm/Em-Max 612 nm) はPEとCF594のタンデム色素でBD バイオサイエンス独自の技術を用いています。同等蛍光波長の PE-Texas Red、ECD を超える蛍光強度をもち、バックグラウンドが低い色素です。なおかつ、ロットや抗体の種類に左右されず、蛍光の漏れこみ値が少なく一定しています。 このためPE-Texas Red® 検出器(610/20 nm)に最も適しています 。

フィルター: 610/20
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
サンプルデータ:

図2. BD Horizon™ PE-CF594, ECD, 及びPE-Alexa Fluor® 610の蛍光染色ヒストグラム

図3. 様々なプロトコールでBD Horizon PE-CF594染色を行った解析例

図4. 10色 TBMNK パネル解析例

図5. 9色 memory/effector T細胞パネル解析例

PE-Cy™5

PE-Cy™5 (Ex-Max 496 nm/Em-Max 667 nm) はフィコエリスリンとシアニン色素のタンデム色素です。吸収波長帯域が広く、 蛍光波長がAPCと同等であることから、PE-Cy5 はAPCと同時に使用できません。なお、Cy5分子はB細胞やマクロファージのFc レセプターと非特異結合します。 また、PE-Cy5 は、光退色性を持つため蛍光顕微鏡での使用は適していません。

フィルター: 670/14
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

PerCP

PerCP (Ex-Max 482 nm/Em-Max 678 nm)渦鞭毛藻類グレノディニウムに見られる光合成機関の一部で、分子量約35 kDaの複合タンパク質です。 光退色性を持つことから、PerCP は高出力レーザー搭載フローサイトメータでの使用には適していません。(>25 mW).

Filter: 695/40
明るさ: Dim (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

PerCP-Cy™5.5

PerCP-Cy5.5 (Ex-Max 482 nm/Em-Max 695 nm) はPerCPとシアニン色素のタンデム色素で、PerCPより蛍光強度が改善された色素です。PerCP-Cy5.5はPerCP同様に光退色を受けやすいため stream-in-air フローサイトメーターでの使用には適していません。なお、Fcレセプターと非特異結合する、固定処理の影響を受ける、光安定性が低いといった欠点があります。

フィルター: 695/40
明るさ: Bright (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

PE-Cy™7

PE-Cy7 (Ex-Max 496 nm/Em-Max 785 nm) は、PEとシアニン色素のタンデム色素で、PEと同様に明るい色素です。PE-Cy7は光による分解を受けやすく、蛍光強度特性が変わる場合があります。 光にさらしたり、パラホルムアルデヒドでの長時間の固定は避けてください。 固定した細胞はパラホルムアルデヒド固定液で4時間以内に測定することをお勧めします。なお、オーバーナイトでの保存はパラホルムアルデヒドフリーのバッファーの置換をお勧めします。

フィルター: 780/60
明るさ: Bright (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

Fluorochromes

PE

PE (Ex-Max 496 nm/Em-Max 578 nm)は、 補助光合成色素の一種で紅藻類で発見されました。In vitroで 240-kDa のタンパクで量子収量が高いことが特徴です。このため、PEは高輝度色素でフローサイトメトリーに適していますが、蛍光退色の特性から蛍光顕微鏡には適していません。

フィルター: 575/26
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

BD Horizon™ PE-CF594

BD Horizon™ PE-CF594 (Ex-Max 496 nm/Em-Max 612 nm) はPEとCF594のタンデム色素でBD バイオサイエンス独自の技術を用いています。同等蛍光波長の PE-Texas Red、ECD を超える蛍光強度をもち、バックグラウンドが低い色素です。なおかつ、ロットや抗体の種類に左右されず、蛍光の漏れこみ値が少なく一定しています。 このためPE-Texas Red® 検出器(610/20 nm)に最も適しています 。

フィルター: 610/20
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

図2. BD Horizon™ PE-CF594, ECD, 及びPE-Alexa Fluor® 610の蛍光染色ヒストグラム

図3. 様々なプロトコールでBD Horizon PE-CF594染色を行った解析例

図4. 10色 TBMNK パネル解析例

図5. 9色 memory/effector T細胞パネル解析例

PE-Cy™5

PE-Cy™5 (Ex-Max 496 nm/Em-Max 667 nm) はフィコエリスリンとシアニン色素のタンデム色素です。吸収波長帯域が広く、 蛍光波長がAPCと同等であることから、PE-Cy5 はAPCと同時に使用できません。なお、Cy5分子はB細胞やマクロファージのFc レセプターと非特異結合します。 また、PE-Cy5 は、光退色性を持つため蛍光顕微鏡での使用は適していません。

フィルター: 670/14
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

PE-Cy™7

PE-Cy7 (Ex-Max 496 nm/Em-Max 785 nm) は、PEとシアニン色素のタンデム色素で、PEと同様に明るい色素です。PE-Cy7は光による分解を受けやすく、蛍光強度特性が変わる場合があります。 光にさらしたり、パラホルムアルデヒドでの長時間の固定は避けてください。 固定した細胞はパラホルムアルデヒド固定液で4時間以内に測定することをお勧めします。なお、オーバーナイトでの保存はパラホルムアルデヒドフリーのバッファーの置換をお勧めします。

フィルター: 780/60
明るさ: Bright (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

Fluorochromes

APC

APC (Ex-Max 650 nm/Em-Max 660 nm)は、 補助光合成色素の一種で 藍藻類で発見されました。105-kDa のタンパクで量子収量が高く 明るい色素であることが特徴です。 フローサイトメトリーに適していますが,Alexa Fluor® 647は励起及び蛍光特性が近似しており漏れ込み特性が異なるため同時に使用できません 。

フィルター: 660/20
明るさ: Brightest (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

Alexa Fluor® 647

Alexa Fluor® 647 (Ex-Max 650 nm/Em-Max 668 nm) は、 光安定性が高く 幅広い pH 領域で蛍光を発することができます。 最大励起波長と最大蛍光波長がAPCとほぼ同じで 、APCはより明るい色素ですが、Alexa Fluor® 647 は細胞内染色に適しています。また、光安定性が高いことから蛍光顕微鏡での使用にも適しています。励起及び蛍光特性が近似しており漏れ込み特性が異なるため、APCとは同時に使用できません。

フィルター: 660/20
明るさ: Bright (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

BD Horizon™ APC-R700

BD Horizon™ APC-R700 (Ex Max 652 nm/Em Max 704 nm)は、APCとR700のタンデム色素でBD Biosciencesが独自に開発いたしました。有機化合物のこの色素はAlexa Fluor® 700に代わる高輝度色素です。励起及び蛍光特性が近似しており、APC-R700とAlexa Fluor® 700は同時に使用することができません。

フィルター: 730/45
明るさ: Bright (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
解析例:

APC-R700とPEで染色した細胞の比較

Alexa Fluor® 700

Alexa Fluor® 700 (Ex-Max 696 nm/Em-Max 719 nm) は、633–640-nmレーザーで励起する far-red 色素です。レッドレーザーで使用するその他の色素 APCや Alexa Fluor® 647、あるいは APC-H7や APC-Cy™7といった色素と同時に使用することができます。

フィルター: 730/45
明るさ: Dim (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

APC-Cy™7

APC-Cy™7 (Ex-Max 650 nm/Em-Max 785 nm) は、APCとシアニン色素Cy7のタンデム色素です。 染色中を含め長時間光にさらさないことをお勧めいたします。なお、蛍光特性が変わることがありますのでパラホルムアルデヒドでの長時間の固定は避けてください。 固定した細胞はパラホルムアルデヒド固定液で4時間以内に測定することを推奨しています。また、オーバーナイトでの保存はパラホルムアルデヒドフリーのバッファーの置換をお勧めします。 励起及び蛍光特性が近似しており漏れ込み特性が異なるため、APC-H7とは同時に使用できません。

フィルター: 780/60
明るさ: Dim (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)

 

BD™ APC-H7

APC-H7 (Ex-Max 650 nm/Em-Max 785 nm)はAPC-シアニン タンデム色素の中で最も安定した色素で蛍光特性はAPC-Cy7と類似しています。光や温度、パラホルムアルデヒド固定液に対しての安定性が高く、APCへの漏れ込みが少ない色素です。 励起及び蛍光特性が近似しており漏れ込み特性が異なるため、APC-Cy7とは同時に使用できません。

フィルター: 780/60
明るさ: Dim (Dim, Moderate, Bright, 及びBrightestで表記しています。)
サンプルデータ:

Red Laser - BD APC-H7

APC-Cy7: US Patent 5,714,386

Reagents Instruments

Featured Product

  • BD Horizon Brilliant™ Polymer Dyes
    For reagent selection in general, "bright is better." For cells that have few receptors on the surface, bright reagents are essential in resolving these dim cells from others in a sample. BD Horizon Brilliant™ polymer dyes are four to ten times brighter than conventional dyes, with equivalent background—a breakthrough in the field.

Featured Fluorochromes

Custom Conjugates

Kits and Cocktails

Viability Reagents

Trial Size Reagents

Fluorochrome-Conjugated Antibodies (Excitation Source/Emission Max)


For Research Use Only. Not for use in diagnostic or therapeutic procedures.

Alexa Fluor® and Texas Red® are registered trademarks, and Pacific Blue™ and Pacific Orange™ are trademarks of Life Technologies Corporation.
Cy™ is a trademark of GE Healthcare. Cy™ dyes are subject to proprietary rights of GE Healthcare and Carnegie Mellon University, and are made and sold under license from GE Healthcare only for research and in vitro diagnostic use. Any other use requires a commercial sublicense from GE Healthcare, 800 Centennial Avenue, Piscataway, NJ 08855-1327, USA.
Trademarks are the property of their respective owners.

Tools Resources

We've put together a variety of tools and information to help you design your next multicolor assay.

Application Notes

Acquisition and Analysis
Cell Subsetting
Cytokine (Intracellular Staining) Sample Preparation
General
Microbial
Sorting

Brochures

Catalogs

Experiment Sheets

Product Information Sheets

Product Lists

Protocols

Acquisition and Analysis
Apoptosis
Cell Cycle/DNA Analysis
Cytokine (Intracellular Staining) Sample Preparation
General
Human Sample Preparation
Mouse/Rat Sample Preparation

Webinars


For Research Use Only. Not for use in diagnostic or therapeutic procedures.

Pacific Blue™ and Pacific Orange™ are trademarks, and Alexa Fluor® and Texas Red® are registered trademarks of Life Technologies Corporation.

Cy™ is a trademark of GE Healthcare. Cy™ dyes are subject to proprietary rights of GE Healthcare and Carnegie Mellon University and are made and sold under license from GE Healthcare only for research and in vitro diagnostic use. Any other use requires a commercial sublicense from GE Healthcare, 800 Centennial Avenue, Piscataway, NJ 08855-1327, USA.

CF™ is a trademark of Biotium, Inc.