T細胞研究

分泌サイトカインの定量解析を、一度に多項目行うことができます。

ELISAやBD™ CBAのような手法は、細胞集団全体の分泌物質を定量解析する手法です。特にCBAは多項目のタンパクを同時に定量解析できるためT細胞研究に必須です。その他、ELISPOT はサイトカイン産生細胞の頻度をex vivoで測定できます。 また、 BD™ In Vivo Capture Assayではin vivoのサイトカイン直接とらえて定量します。

BD CBA 多項目タンパク定量

BD CBA はフローサイトメーターで1サンプルから多種類のタンパクを、同時に定量解析できます。サイトカインやケモカイン、成長因子、免疫グロブリンなどを、血清、血漿、細胞培養液などから検出できます。免疫反応をモニタリングするための様々な因子を同時測定できます。

BD CBAについてさらに詳しく »

BD ELISA タンパク定量

ELISAは1種類のサイトカインを定量するもっとも古典的な手法です。BDは、Ready to Useの便利なキットを、最適なペア抗体とスタンダード、プロトコールを1つのパッケージにしています。(単品もご用意しています)

BD ELISAについてさらに詳しく »

BD ELISPOT  単一細胞レベルのサイトカイン検出

BD ELISPOTアッセイは、in vitroで、単一細胞レベルで分泌サイトカインを検出でき、さらに用いたサンプルはクローニングや増殖アッセイなどに使用できます。T細胞の特異的な免疫応答、特定の抗原に対して免疫応答し活性化しサイトカイン産生を開始する細胞をとらえます。対象物質にもよりますが、ELISAよりも数十倍感度が高く、RT-PCRと同じような感度を示します。

BD ELISPOTについてさらに詳しく»

BD in vivo captureアッセイ in vivoのサイトカイン産生検出

BD In Vivo Captureアッセイは、in vivo(マウス)でのサイトカイン産生を直接測定します。通常生体内のサイトカインは半減期が短いため、サイトカイン特異抗体を注射し複合体を形成させることで血中に蓄積させます。その後、マウスの血清をELISAで測定し定量を行います。これらの試薬はすべてキットになっています。

In Vivo Capture サイトカインアッセイについてさらに詳しく »

サイトカイン測定法の比較

可能な解析 BD CBA ELISA ICS
一度に複数サイトカイン同時検出  
サイトカイン発現細胞の表現型解析    
分泌サイトカイン定量