臨床研究

Tregs、サイトカイン、および抑制マーカー研究の有効なツール

移植は、多くの病態のための救命処置です。免疫系の制御は、組織移植の拒絶防止に欠かせません。免疫抑制により、患者はより感染を受けやすくなります。骨髄移植においては、新たな免疫系が再構築されます。しかし、移植された骨髄が適合しなければ、移植片対宿主病(GVHD)という、免疫系が宿主を攻撃する状態を引き起こします。


BD バイオサイエンスは、CD34等の幹細胞分化のマーカー、造血幹細胞の同定および分離キット、並びにエフェクターおよび制御性T細胞マーカー等の細胞免疫研究のためのツールを含む、移植研究をサポートする多くのツールを取り揃えています。

参考文献

Fischer JC, Ottinger H, Ferencik S, et al. Relevance of C1 and C2 epitopes for hemopoietic stem cell transplantation: role for sequential acquisition of HLA-C-specific inhibitory killer Ig-like receptor. J Immunol. 2007;178:3918-3923. 

Golshayan D, Jiang S, Tsang J, Garin MI, Mottet C, Lechler RI. In vitro-expanded donor alloantigen-specific CD4+CD25+ regulatory T cells promote experimental transplantation tolerance. Blood. 2007;109:827-835.

Chakraverty R, Flutter B, Fallah-Arani F, et al. The host environment regulates the function of CD8+ graft-versus-host-reactive effector cells. J Immunol. 2008;181:6820-6828. 

Gondek DC, Devries V, Nowak EC, et al. Transplantation survival is maintained by granzyme B+ regulatory cells and adaptive regulatory T cells. J Immunol. 2008;181:4752-4760.