BD FACSDiva™ Software

信頼性と再現性のある解析を行うために

BD FACSDiva™ ソフトウェアは、機器設定を自動化することにより、再現性の高いデータ取り込み、解析を行うことを可能にしました。


Experiment と Application Setup

BD FACSDiva ソフトウェアは、エクスペリメントを簡単に作成できるように、様々なツールを備えています。 それらのツールは、ビジュアル的な側面においても優れており、各データや複数のデータに対して、簡単にラベルやキーワードを入力することが可能です。さらに、 BD FACSDiva ソフトウェアは、データの整合性を損なうことなく、保存したエクスペリメント、解析、パネルなどを複製、再利用することが可能です。.

BD FACSDiva application settings機能を利用することにより、研究者はアプリケーションに応じた機器設定を保存することが可能です。そして、日々の精度管理を実施することにより、それらはapplication settingsに反映、標準化されるため、測定日の違いによる影響を受けずに解析することが可能となります。

機器設定と精度管理

BD FACSDiva ソフトウェアとBD FACSDiva™ CS&T research beads* を用いて精度管理を行うことにより、一貫した正確なデータを取得することが可能です。 フローサイトメターを使用する際に重要となる機器設定、PMT Voltage, laser delay, area scaling factorは、最適な状態に自動で設定されます。この精度管理は、ほんの約5分程度で実施出来、測定時の様々なトラブルを回避します。

注意; BD FACSDiva ソフトウェアは、 v7.0以降、よりマルチカラーに対応出来るために、Beadsが異なります。そのため、baselines, performance checks, application settingsがアップグレード時に移行で出来ない場合があり、再構築を推奨しています。詳細は、BD FACSDiva Software Reference Manual もしくはBD Cytometer Setup and Tracking Application Guide をご確認ください。

Cytometer Configuration Setup

BD FACSDiva ソフトウェアは、光学系デザイン、設定されている検出器や光学フィルター、ミラーをわかりやすく表示します。これにより、研究者は間違えることなく機器を使用することが可能となります。機器管理者は、この光学系のデザイン、光学フィルター、ミラー、蛍光色素を画面上でドロップするだけの簡単な作業でカスタマイズすることが出来ます。

機器の自動調整
機器の自動調整
PMTの最適化を行い、日々の実験間差を軽減します。
Experiment Layout
Experiment Layout
Experiment Layoutを使用することにより、簡単かつ迅速に様々な設定が行えます。
ビジュアル化されたcytometer configurationを設定するためのツール
ビジュアル化されたcytometer configurationを設定するためのツール
この光学系のデザインは、光学フィルター、ミラー、蛍光色素を画面上でドロップするだけの簡単な作業でカスタマイズすることが出来ます。



*The BD Cytometer Setup and Tracking application and BD FACSDiva CS&T research beads are For Research Use Only. Not for use in diagnostic or therapeutic procedures.