BD FACSDiva™ Software

正確かつ迅速な設定

BD FACSDiva™ ソフトウェアは、研究者が使いやすいインターフェイスでエキスぺリメントを簡単にコントロールできます。


データ取り込み

BD FACSDivaソフトウェアは、簡単にデータ取り込み条件を設定し、保存を行うことができます。また、application settingsを使用することにより、自動で日差間の調整を行いますので、簡単かつ迅速に既存のアプリケーションのデータを取得することが可能です。

解析

BD FACSDivaソフトウェアは、データ解析に必要な基本的なツールを備えており、 BD FACSCanto™, BD™ LSR, and BD FACSAria™で使用することが可能です。オートゲート機能により、自動で細胞集団を特定したり、biexponential機能で、マイナス値をもつデータも正確に表示することが可能です。また、複数データのオーバーレイ表示も可能です。

報告書の作成

ワークシートには、データとともに保存されている情報などをヘッダー、フッター表示することが可能です。また、構成を整え易いように、グリッドを表示することもできます。そして、これらのシートをPDFに変換する機能をソフトウェア内に有しています。

Global worksheetを用いたレポート作成
Global worksheetを用いたレポート作成
BD FACSDivaソフトウェアは、レポートを作成するために自由にレイアウトし、それら簡単にプレビュー、印刷できます。
オーバーレイ
オーバーレイ
BD FACSDivaソフトウェアは、複数のデータを同時に表示、解析することが可能です。

データ管理

BD FACSDivaソフトウェアは、フローサイトメーター上で編集するだけでなく、簡単に、XML、FCS, ZIPファイルの形式でエキスポートして使用することが可能です。そして、FCSファイルのエキスポートは、それらをデータをひとつひとつ開かずとも、エキスペリメント単位でコントロールすることが可能です。