BD LSRFortessa

優れたパフォーマンス

BD LSRFortessaには、様々な革新的な技術が採用されています。フローサイトメーターの心臓部となるフローセルは、ゲルで検出光学系と結合されており、効率良くシグナルを検出することが可能です。


流路系

流路系は、加圧方式です。流体力学的絞り込みによって、サンプルはフローセル内を一列に流れ、レーザーに照射されます。また、フローセルとレーザー照射部は固定され、さらに、フローセルと集光光学系はゲルで結合されています。これによって、レーザーは的確にサンプルを照射するとともに、マルチカラー解析に必要な高感度解析が可能になります。また、レーザーの照射位置が固定されていることで、起動の時間が短時間で済み、日々の精度管理も自動化が可能となり、実験の再現性も向上します。

マルチカラー解析のためのBD独自の革新的な設計

シースタンク(8L)と廃液タンク(10L)は、内蔵されておらず、床置きタイプなのでアクセスが容易です。

BD FACSFlow™サプライシステムのフルイディクス・カートは、絶えず一定の圧力を保ちながら、シース液や洗浄液を補充します。フルイディクス・カートには、シース液と廃液の自動コントロールシステムを備え、2個の20Lコンテナ(Cubitainers®)もありますので、日常のメンテナンスを軽減できます。

流路センサーは一定の圧力を維持すると同時に、フルイディクス・システムのモニタリングを行います。シース液が少ない場合、シース液の残量がない場合、廃液コンテナがいっぱいの場合、アラームを出します。

キュベット・フローセル
キュベット・フローセル

石英製キュベット・フローセルは、固定され、検出光学系とゲルで結合されています。この設計によって、サンプルストリームへのレーザーの照射位置が正確になり、蛍光を最大限に集光できます。

フローセルを通過するサンプル・コアの流体力学的絞り込み
フローセルを通過するサンプル・コアの流体力学的絞り込み