BD Influx

革新的な流路系

BD Influx™ セルソーターのノズルアッセンブリーは、正確にドロップが形成され、高速でソーティングを行った際も、細胞へのダメージを軽減できるように設計されています。また、無菌ソーティングの際には、ディスポーザブルの流路系を用いて交換することが可能です。


Fluidics Overview

ノズルアッセンブリーとノズルサイズ

BD Influx™ セルソーターの心臓部となるのがノズルアッセンブリーです。このノズルアッセンブリーは、アコーステックアッセンブリーを採用することより、効率的に液滴を形成することが可能になります。この独自の設計により、低いシース圧において液滴形成数(DDF)を上げた際におこるノイズを軽減します。

さらに、ノズルアッセンブリーの設計により、細胞は、レーザー照射部を高速で通過するため、弱い細胞においても生存率や細胞機能の維持向上を可能にします。また、ノズルは、測定したい粒子の大きさに応じて自由に選択することが可能です。

サンプルステーションとフルイディクスコンソール

サンプルステーションおよびフルイディクスコンソールはサンプルの流れ、サンプルラインの逆流、ブースト、および差圧をコントロールします。バブル検出器は、試験管が空になり、気泡がサンプルラインに混入した場合、気泡がノズル部分に入るのを防ぎます。

ステンレススチールタンク

ステンレススチール製のシースタンクおよび廃液タンクは、研究者の応用ニーズに合った洗浄手順に適応できるようになっています。

交換可能な流路系

Parsley 1 Image - Fluidics Nozzle

セルソーティングにおいて大きな課題として、クロスコンタミネーションの防止やバクテリア、ウィルス、DNAのような異物混入などがあります。BD Influx™ セルソーターは、クロスコンタミネーションのリスクを軽減するために、研究者自らでサンプルラインを交換することが可能です。交換可能なサンプルラインは、サンプルラインからノズルアッセンブリーまでの細胞が直接通過する流路、シースタンクからノズルアッセンブリまでのシース液が流れるラインです。このようなBD Influx™ セルソーター独自の設計により、細胞に影響を与える可能性のあるすべてのパーツを簡単に交換でき、クロスコンタミネーションを防ぐことができます。

ステンレススチール製のシースおよび廃液タンク