BD OptiBuild™ Reagents

BD OptiBuild™ カスタム試薬により抗体と色素の組み合わせのバリエーションが増えるため、パネルの作成がより簡単に行えるようになります。

そして、カスタム製品でありながら、標準製品を選択するのと同様に簡単にオーダーすることができます。BD OptiBuild™ 試薬は、50μgのサイズでオーダーでき、72時間で製造可能なオンデマンド試薬です。


BD OptiBuild™ カスタム試薬のテクニカルデータシート(TDS)に関するお知らせ

製品リスト

研究を行う際に実験に必要な試薬がすぐに入手できることは非常に重要です。通常のカタログ製品には無い『抗体―色素』の組み合わせをお探しの場合は、以下のBD OptiBuild 試薬リストをご覧ください。リストにある試薬はオンデマンドでご提供可能です。


Featured Fluorochromes

Fluorochrome-Conjugated Antibodies (Excitation Source/Emission Max)

Sample Data

The on-demand nature of BD OptiBuild™ reagents is the result of years of testing and analysis. We can offer robust reagents that provide a valuable alternative to traditional reagents. The sample data below tells a story of the journey to expanding our portfolio of reagents to simplify panel design.

Panel design is critically important to generating high-quality data. Principles of panel design dictate the optimal matching of antigen density with fluorochrome brightness, yet at least one required reagent is unavailable for approximately 20% of panels designed today. Access to the right reagents can improve resolution and data quality, ultimately leading to deeper scientific insights through your research.


Expanding options for multicolor panels

BD OptiBuild reagents provide choice, so that you have multiple options for your markers of interest. BD OptiBuild and BD Horizon™ reagents complement each other so that you can optimize your panel with a reliable reagent in the color you need.

CD21 fluorescence on multiple formats of BD Horizon Brilliant and BD OptiBuild reagents

CD11b fluorescence on multiple formats of BD Horizon Brilliant and BD OptiBuild reagents

KLRG1 fluorescence on multiple formats of BD Horizon Brilliant and BD OptiBuild reagents

BD Horizon™ BB700: A brighter alternative to PerCP-Cy™5.5

The BD OptiBuild™ portfolio now includes BD Horizon Brilliant™ Blue 700. BB700 was developed as a brighter alternative to PerCP-Cy™5.5.

Human CD166 Comparison

Human CD23 Comparison

Mouse CD162 Comparison

Mouse CD38 Comparison

Panel design considerations

Reagent choice brings flexibility to your research, but it’s important to keep in mind the BD Horizon principles of matching antigen density with fluorochrome brightness to design optimized panels. Depending on your applications and research goals, some dyes might resolve your populations better than others. The Research Applications team

CD21 expression on multiple formats of BD Horizon Brilliant and BD OptiBuild reagents

BD OptiBuild, BD Horizon Brilliant™ comparisons

Although BD OptiBuild reagents differ from the way our traditional reagents are manufactured and quality control tested, these reagents maintain the high performance and quality standards of the BD Horizon Brilliant™ dyes.

Mouse CD25 direct comparison

Mouse CD31 direct comparison

Mouse CD184 direct comparison

Human CD28 direct comparison

Human CD14 direct comparison

Human CD33 direct comparison

Human CD4 BB700 direct comparison

Human CD4 BV480 Comparison

BD OptiBuild performance in multicolor panels

BD OptiBuild reagents can be used to redesign or expand upon existing panels that have various combinations of fluorochromes and antibodies. BD OptiBuild reagents have been extensively tested in multicolor cocktails to demonstrate reproducible results compared to traditional reagents.

Human 8-color T-cell panel direct comparison with and without BD OptiBuild reagents

Optimized multicolor panel designed with BD OptiBuild reagents

Lot-to-lot consistency

BD OptiBuild reagents are made on demand, which means that every reagent vial is equivalent to a new batch. We know that consistent performance is of the utmost importance for the reliability of research results, so the manufacturing process was also extensively tested for lot-to-lot consistency.

Overlapping histograms of six lots of Ms CD8a BV421 at three concentrations

The data above shows multiple conjugation events using the same batches of dye and antibody, demonstrating highly reproducible performance. We also assessed the impact of other potential sources of variability by using different batches of dye and antibody. These reagents will continually perform with minimal lot-to-lot variation so that you can be confident in your results in a multisite or longitudinal study.

Three overlapping histograms of mouse CD8a BV786

Three overlapping histograms of human CD4 BV421

Three overlapping histograms of mouse CD28 BV650

Three overlapping histograms of human CD4 BB700

Three overlapping histograms of human CD4 BUV395

Three overlapping histograms of mouse CD8a BV480

Three overlapping histograms of mouse CD28 BV510

Three overlapping histograms of human CD19 BV605

Three overlapping histograms of mouse CD28 BV650

Three overlapping histograms of human CD4 BV711

Three overlapping histograms of mouse CD8a BV786

Leveraging the principles of antigen density and relative fluorochrome brightness, BD OptiBuild reagents have been carefully selected to ensure that they can be readily integrated into your ongoing research. The manufacturing process was rigorously validated to ensure that every conjugation produces an active and specific reagent. As with any custom product, there is a minimal possibility that certain permutations do not perform optimally for biological reasons. If you encounter any issues with the performance of these reagents, please contact our Research Applications team

* BD OptiBuild data on these clone/format combinations is shown for comparative purposes only, and they are not available for sale. There is no overlap between the BD Horizon and BD OptiBuild catalogs.

BD OptiBuild™ 試薬の今後の展開

現在、第一弾として約900種類のBD OptiBuild™ 試薬の販売を開始しました。今後さらに製品ラインナップを増やしてゆく予定です。
BDは皆様がフローサイトメトリーを行う際のパネルデザインが円滑に進むように、幅広い試薬ラインナップをご提供いたします。


OptiBuild Additions - Diagram私たちの当面の目標は細胞表面マーカーとBD Horizon Brilliant色素の拡大です。新しい抗体や新たな色素が導入されると、順次BD OptiBuild™ 試薬のラインナップに加わる予定です。

新しいBD OptiBuild™ 試薬はこのウェブサイトでご確認ください。

Frequently Asked Questions

なぜ、試薬にはテクニカルデータシート(TDS)が添付されていないのですか?

できるだけ作業を効率化し、皆様へ迅速に製品をお届けできるようにテクニカルデータシート(TDS)は製品に添付されておりません。TDSは、弊社ウェブサイトの製品の詳細ページでご覧にいただけます。印刷することも可能です(Ctrl+Pでプリントアウトできます)。

すべてのBD OptiBuild™ 試薬は、フローサイトメトリーのテストが行われていますか?また、そのデータはありますか?

多くの試薬はその開発工程でフローサイトメトリーの実験が行われその品質を保証するために評価されています。しかし、すべての試薬バッチが、出荷の前にテストされているわけではないため、試薬のパフォーマンスで問題に遭遇した場合は、弊社カスタマーサポートにご相談ください。

BD OptiBuild™ 試薬の最適濃度は?

実施されるアプリケーションに適した濃度を決定するために、濃度を振って検討されることをお勧めします。

BD Horizon Brilliant™ Stain Bufferを使用する必要がありますか?

2種類以上のBD Horizon Brilliant™ 試薬を使う場合(複数のBD OptiBuild、または、他のBD Horizon Brilliant™ 試薬と一緒に)、BD Horizon Brilliant™ Stain Bufferを使用することをお勧めします。

BD OptiBuildのアイソタイプコントロールがありませんが、何を使えばよいですか?

既存のBD Horizon™ アイソタイプコントロールをご使用ください。すべてのBD OptiBuild™ 試薬で評価され、最適であることが証明されています。

BD OptiBuild™ 試薬は今後他の色素の製品を発売しますか?

現在、BD OptiBuild™ 試薬は、BV421、BV510、BV605、BV650、BV711、BV786とBUV395の標識抗体を揃えています。今後さらにラインナップを増やしてゆく予定です。詳細は「今後の展開」をご覧ください。

製品の注意書きにフリーの色素が含まれていると記載されていますが、影響がありますか。

フリーの色素の影響はマルチカラーも含め広範囲に試験されましたが、影響はありませんでした。

BD OptiBuild™ 試薬は、今後、他の細胞表面マーカーの販売も行いますか?

今後さらにラインナップを増やしてゆく予定です。詳細は「今後の展開」をご覧ください。

細胞内マーカーは販売されていますか?

現時点では、細胞内抗体はポートフォリオに入っていません。

いくつかの抗体-色素オプションが販売されてないのはなぜですか?

開発プロセスの間に、抗体-色素の組合せでまく機能しないものが確認されました。これらの組合せは、BD OptiBuild™ 試薬のポートフォリオに含まれません。
特定の組合せに関しては、弊社カスタマーサポートにお問い合わせください。

私はBD Horizon Brilliant™ 試薬だけe-catalogで見ていますが、BD OptiBuildバージョンを購入したいです。どのように注文すればいいですか?

BD OptiBuild™ 試薬の特長は、現在販売されていない抗体と色素の組み合わせを提供できることです。そのため、BDカタログの中にすでに存在する製品は含まれていません。

BD OptiBuild™ 試薬はイメージングに使用できますか?

BD OptiBuild™ 試薬は、イメージングで使用するためのテストは行われていません。しかし、我々はマウスの凍結脾臓断片に対して限られた範囲のテストを行い、その実現可能性を示しました。

細胞をBD OptiBuild™ 試薬で染色する際に、どのようなバッファーを推奨していますか?

BD OptiBuild™ 試薬を使用する際に特別なバッファーやプロトコルを使用する必要はありません。Stain Buffer BSA または Stain Buffer FBSのような標準的なバッファーで問題ありません。

BD OptiBuild™ 試薬はBD fix/perm バッファーと一緒に使うことができますか?

はい、弊社はBD OptiBuild™ 試薬とBD fix/perm バッファーを一緒に使うことを推奨しています。


Alexa Fluor® is a registered trademark of Life Technologies Corporation.

Cy™ is a trademark of GE Healthcare.

For Research Use Only. Not for use in diagnostic or therapeutic procedures.