BD FACSVerse

効率的なアプリケーション解析

BD FACSuite™ ソフトウェアは、アプリケーション専用の機器設定解析(プリセット・アッセイ)をオプションと して提供しています。プリセット・アッセイには、アポトーシス、細胞周期、細胞増殖、サイトカイン検出があり、BD 試薬キットを用いて再現性の高いデータを得られます。

BD FACSuite™ ソフトウェアでユーザーが作成した実験 ファイルは、他の測定でも用いることができるようにアッセイファイルに変換することができます。そこには、同じ実験を行なうユーザー間でデータのばらつきが少なくなるように、機器設定、測定・解析用ワークシート、ゲーティング、レポートパラメータなどの情報が含まれます。

また、BD FACSuite™ ソフトウェアは、サンプルを測定 する前に、現在のシステム設定が実験に必要な設定になっているかどうかを確認します。光学フィルター・ミ ラーユニットのミスマッチなどを検知した場合には、システムがユーザーに対して警告を発します。このようなソフ トウェアによる確認が、効率的な実験操作とデータの信頼性を高めます。


直感的なワークスペース

ユーザーインターフェースは、どんな実験にも共通する機器設定(Setup)、データ取り込み(Acquire)、データ解析 (Analyze)という3つの実験手順を中心にデザインされています。ワークスペースは、その操作で必要な項目を機能的に実行できるように設計されています。例えば、機器設 定ワークスペースでは、機器設定で必要となる精度管理と機器コンフィグレーションのツールを簡単に見つけられます。実験のワークスペースでは、チューブセッティング、 プロット、ゲーティングを調整できるようになっています。 このような操作手順に基づいたワークスペースによって、 作業に集中でき、作業を効率よく実行することができます。ユーザー管理や機器状態の診断機能、定期的メンテナンスなどの管理機能は、権限を与えられたユーザーだけがアクセスできます。

プリセット・アッセイとユーザーカスタムアッセイ

マルチタスクサポートによる生産性の向上

BD FACSuite™ ソフトウェアのワークスペースは複数のタスクを同時に行っても機能します。そのため、ユーザーは サンプルを測定しながらデータ解析を同時に行うことも可能です。ひとつのサンプルを途中から飛び込みで解析することもできます。ソフトウェアのマルチタスク機能は、フレキシブルで生産性の高い実験操作を推進します。

BD FACSuite Experiment ワークスペース
BD FACSuite Experiment ワークスペース
BD FACSuite Assay Worklist ワークスペース
BD FACSuite Assay Worklist ワークスペース
BD FACSuite Library ワークスペース
BD FACSuite Library ワークスペース

 

いつでも再現性の高いデータを

BD FACSuite™ ソフトウェアは、世界で初めて、ひとつのアプリケーション・ソフトウェアだけで、一貫性のある機器設定と実験データ(データ測定、データ解析、ゲーティング、レポートパラメータ)のコントロールを可能にしました。これによって、機器装置やユーザーごとのばらつきを心配することなく実験を進めることができます。異なる機器装置でも違う研究施設でも高い信頼性のある実験を再現できます。

CFR Part11対応

BD FACSuite™ ソフトウェアは、データの健全性を保護するために、電子記録と電子署名に関する21 CFR Part 11 ガイドラインに準拠しています。これには、ユーザーIDと パスワード、電子署名、監査記録が含まれています。BD FACSuite™ ソフトウェアは、21 CFR Part 11ガイドラインに定められた要求事項を遵守するだけではなく、データを暗号化し、権限のないユーザーによってデータが変更されないように特別に設計されたアルゴリズムを使用しています。

スピーディで自由度の高いデータ解析

BD FACSuite™ ソフトウェアには、さまざまなデータ表示方法とより詳細に解析するためのツールがあります。

データ解析ツールとして、ドットプロット、ヒストグラム、コンター (等高線)プロット、デンシティー( 密度) プロットを用いることができます。データをより見やすくするために、ドットプロットとコンタープロットを組み合わせたハイブリッドコンタープロットを使用することもできます。コンタープロットの統計情報は、プロット上にカーソルを載せると表示されます。ソフトウェアでは、ドットプロットをオーバーレイ(データを重ねる)して 表示する機能も備わっています。ゲーティングツールには、これまでもあった四角形に加えて、楕円、ポリゴン、フリーハンド があります。ゲートは、回転させることもでき、ズーム機能によって見たい領域のズームインやズームアウトが可能です。

新しいクワドラント(四分画)マーカーではさまざまな機能が 加わり、フレキシブルに細胞集団を分画することができます。 たとえば、ヒンジマーカーでは四分画のマーカーを別々に動かすことで興味のある領域を正確に解析することができます。

BD FACSuite™ ソフトウェアには、解析を迅速に行うための編集ウインドウもあります。編集ウインドウを使用して、数式を作成しキーワードとして貼り付けることが可能です。数値データの上にカーソルを置くと、計算に使用された数式が表示されます。

プレゼンテーションの作成には、高品質の画像をMicrosoft ® PowerPoint ® などのソフトウェアに簡単にカット&ペーストできます。新しいレポートシステムでは、カラー画像を含む高品質のレポートを作成し、ドラッグ&ドロップによって簡単に編集することもできます。

用途に応じた解析
用途に応じた解析

BD FACSuiteソフトウェアはより良い解析方法を提案します