第66回日本輸血・細胞治療学会総会 共催セミナー2

日時 2018年5月24日(木)12:15 - 13:15
会場 第2会場(栃木県総合文化センター 2F サブホール)
座長 室井 一男 先生
(自治医科大学附属病院 輸血・細胞移植部 部長・教授)
備考 共催:第66回日本輸血・細胞治療学会総会/日本ベクトン・ディッキンソン株式会社

Hematopoietic stem cell to mature blood cell, everyone is the same

Michael R. Loken, PhD
(President and Founder, Hematologics, Inc. Affiliate Investigator, Fred Hutchinson Cancer Research Center)

要旨

Recent studies using flow cytometry have shown that the quantitative expression of gene products in the bone marrow during normal hematopoiesis is invariant from individual to individual. This means that the amounts of antigens expressed on the surfaces of cells at various stages of development of blood cells are the same from person to person. The maturational process from hematopoietic stem cell to mature blood cell is not continuous but proceeds by a series of steps in which diverse cellular processes must be synchronized.
The complexity of regulation of these precise processes suggests a role for untranslated RNA. In addition, the mutational events leading to acute leukemia or other neoplastic disorders of blood cells may target regulatory rather than structural genes. A study of 768 acute myeloid leukemia (AML) cases reveals that the quantitative phenotype is directly related to the underlying genotype as well as clinical outcome. These differences in gene product expression observed in AML between the neoplastic and normal cells provide a means to detect residual disease following chemotherapy. The “Difference from Normal” approach can be used for essentially all AML cases with high specificity and sensitivity down to 2 cells in 10,000. This approach of monitoring response to therapy provides better means to assess risk stratification and to detect early relapse as compared to conventional techniques.

※ 通訳あり


Michael Loken 先生について

Michael Loken 先生は、Johns Hopkins 大学にて細胞生物学の博士号を習得され、1973 年よりStanford 大学 Leonard Herzenberg 博士の研究室にて、その当時開発されたばかりのフローサイトメーターを用いた研究を開始されました。最初の論文は、フローサイトメトリーによる細胞表面抗原の発現量に関するものでした。以来、フローサイトメーターのテクノロジーの開発とその技術を用い、造血細胞の成熟過程で発現する抗原のマッピング等の解明を継続的に追及され、その応用範囲も、正常細胞から異常細胞、マウスからヒトと広げてこられました。
現在は、Children’s Oncology Group と、小児造血器腫瘍患者2,500 人以上からの10,000 検体を用いた5 つの臨床研究を通じて、小児造血器腫瘍患者の治療モニタリングに取り組まれており、正常細胞との違い (Difference from normal) をフローサイトメーターで解析することで小児AML の微小残存病変を0.02% まで検出できることを明らかにしました。
本ランチョンセミナーでは、恒常性の維持に必要とされる詳細な制御に焦点を当て、造血研究における基本的なアプローチ方法についてご講演いただきます。


【本会でのお弁当整理券は「事前予約制」となっております。総会ホームページ「事前参加登録」ページよりご登録ください。】

「事前参加登録」の締め切りは、4月16日の正午までです。

※ 残席がある場合は、当日の朝総合受付付近で配布いたします。
※ 整理券はセミナー開始 5 分後をもって無効といたします。