HIVとエイズ

世界中でHIVに感染した3530万人以上のうち、治療を受けたのはわずか約1170万でした(2013年)。
WHOの目標は2015年までにその数を1500万に増やすことです。
WHO2013年のガイドラインによると、 2600万人近くの患者が抗レトロウイルス療法(ART)の対象となります。
診断、治療とヘルスケアの基盤が整備される中で、CD4陽性Tリンパ球数(CD4数)の測定はARTを開始する際に不可欠であり、HIV感染および病気進行をモニタリングする上でも大変重要です。


BD バイオサイエンスの機器および試薬は、CD4の検査に使用されています。BD FACSCountシステム(日本未販売)は、簡便なシステムが必要な世界の途上国で使用されています。BD FACSCalibur™ システムは、リソースが限られている中で大量検体の測定が必要とされる多くのラボで使用されています。FACSCanto™ II システムは、HIVモニタリングだけでなく、さらに高度な技術を必要とする、その他のアプリケーションを用いた測定にも使用されています。