グローバルヘルス

HIV /エイズ患者の治療に免疫システムのモニタリングは必要不可欠です。患者のCD4陽性細胞を正確に測定することで、医師がいつ抗レトロウイルス治療(ART)を開始するかを決定できます。


抗レトロウイルス療法(ART)は、HIV /エイズ患者にとって致命的となる日和見感染症に対する抑制効果があり、HIV /エイズ患者の生命維持を可能にします。CD4検査は、ARTの治療効果、有効性の評価に有用です。BDのフローサイトメーターによるCD4カウントは、HIV患者の免疫システムのモニタリングおよびHIVワクチン研究分野において世界中のラボで何十年もの間、使用されています。

BDは、全途上国でHIV /エイズとともに生きる人々の免疫システムモニタリングのための高度なCD4細胞測定技術を浸透させるため、2004年にウィリアム・J・クリントン財団との協定を締結しました。

結核(TB)は、特にHIV /エイズ患者において、その診断、治療が困難です。途上国で、ほぼ普遍的に使用される試験法、喀痰抗酸スメアは、115年以上の歴史があり、大半は容易に顕微鏡下で観察することができますが、HIV / AIDS患者では、痰の結核菌が少なすぎるため、この試験法は大部分の患者に対し無効です。結果のほとんどすべては偽陰性となります。不正確な診断は結核の急速な拡大を促すだけでなく、薬剤耐性も促進します。さらに、結核の多剤耐性が問題となっていますが、より最近の憂慮すべき傾向は、広範な薬剤耐性結核または超多剤耐性結核菌(XDR-TB)の出現です。XDR-TBの患者においては、第一および第二世代の結核治療薬は効きません。

BDは途上国の結核の診断を改善する革新的な新しい診断のための財団(FIND)との協定を締結しました。この合意には、薬剤耐性テストを含む結核の迅速かつ正確な診断のための高度な培養技術を導入するアフリカ、ロシアを含む東欧、アジアでの実証現場の設立が含まれています。